録画機のスペックアップ&OS変更

Pocket

タンスに入れてる自宅鯖のスペックを変更しました。

OS:Ubuntu14.04 LTSUbuntu Server 14.04.2 LTS
CPU:Celeron G530i3 2120→i5 2400(2015/6月の始めくらいにまた交換した)
ブートディスク:鳴門HDD32GBSSD
メモリ:4GB6GB

に変更しました。
storageemulated0SilentCameraSoft1432286035009

GUIはほとんど使わないのでUbuntuServerに変更しました。メモリ使用量少ないし32GBSSDでも十分すぎる容量。再起動が10秒かからずに終わる。
アイドルでメモリ使用量は300M~とかみたい。

わざわざベンチで比較とかはしてないけど、CPU変えてもビルドちょっと速くなったかなくらいしか感じない。

メモリはメモリスロット埋めたくて2GBを買って増設しただけなのでどうでもいい。

あと、PT3へ繋いでるケーブルをL字型に変更して色も分けた。 後ろの配線なんかも片付けてキレイになってメンテナンスしやすくなったと思う。

 

そしてAmazonで面白いもの見つけたのでついポチってしまった。
sc_20150319183151

USB温度計。 Linux用のドライバがあったのでそれをGITHUBから引っ張った。

BOTに室温を自動ツイートさせるようにした。

 

僕はマインクラフトやPEの鯖をVPSで運営していて、月に3k~以上取られてるので光回線引いて自宅鯖でやる予定。
光回線も結構高くて辛いね(´;ω;`)

 

Pocket

録画機のスペックアップ&OS変更” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です