テレビが壊れたので修理した。 TH-P42S2

Pocket

リビングで使ってるテレビが壊れた。

買って4年ほどになるパナソニック製の42インチテレビ”TH-P42S2”という奴。

症状は電源ボタンを入れても赤ランプが点滅するだけで画面の点灯もリモコン操作を受け付けない状態。

ネットで調べてみると赤点滅の回数によってどこの部品が壊れているか分かるらしい。
テレビに張り付いて点滅回数を数えてみると、1回と10回に分かれていた。

モジュールAモジュールPと呼ばれている基盤がぶっ壊れているみたいだ。

どこで購入できるかと調べてみるがネットではよく分からず、ヤフオクにも流れてない。
仕方ないので近くのパナソニック電器店の人間に聞いてみると”パナソニック コンシューマーマーケティング沖縄株式会社”に行けば個人でも基盤を買えるとの情報。

早速行ってきて基盤を買ってきた。
1444460138247

TZSA18165T(モジュールA)
1444460367788

LSEP1289WJHB(モジュールP)
1444460249777
修理風景
1444461675153

 

ちゃんと蓋を閉めて初期設定してはいチュンチュン
1444467951105

地上波・衛星、外部入力共に元通り見ることが出来た。

掛かった費用はモジュールAが5000円、モジュールPが9500円の計税込15660円なり。
モジュールAは交換制度適用部品で、古い基盤は返却しないといけないらしい。

交換は簡単だった、小学生でも出来ると思う。
基盤を手に入れるまでが大変だったかなあ。

最近BDプレーヤもHDDが逝っちゃったし家電が壊れる嫌な年だ。
ではでは(ヾ(´・ω・`)

Pocket

5 thoughts on “テレビが壊れたので修理した。 TH-P42S2

  1. こんにちは。
    今同じような状況に直面しており、基盤を買おうとしているところなのですが、パナソニックコンシューママーケティングに連絡したら断られてしまいました…
    基盤を買う際は結構強気で言った感じなのでしょうか?
    それともすんなり買えたのでしょうか?
    どんな状況で購入できたかお教えいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

    1. 昔のことで詳しくは記憶してないのですが、特別な事はしていなかったと思います。
      部品を売ってる窓口へ行き、これこれの部品を買いたいと言うとポカーンとした顔をしながら売ってくれましたよ。
      ただ、何回も”自己責任”や”サポート修理出せ”と言ってきたので、恐らくは個人へ部品売るのを渋ってるだけではないでしょうか?

  2. パナのサービスは、個人からの出張修理依頼は受け付けていますが、補修用パーツに関しては、製品の分解が不要なリモコンなど以外、個人への直接販売は行っていません。
    最寄のパナ販売店に頼むよう言われるし、わからなければ紹介してくれます。
    万一、修理しようと分解して重大な事故が起きれば、販売した側の責任も問われることになりかねないからです。
    しかも、オレンジ箱のパーツは交換した部品を返却する必要があるモジュール交換制度の対象パーツで、返却の際に修理を行った販売店などの情報を書いたシートを添付するようになっているので、なおのこと、返却されない恐れもある個人には販売してくれません。
    ちなみに、箱のラベルに書かれていたと思いますが、もし、返却がなかった場合のモジュールAのパーツ代は16,000円(税別)です。

    なお、モジュールAとモジュールPの両方が壊れることは滅多になく、壊れたのはいずれか一方だけだと思います。
    症状から考えると、壊れたのはモジュールAの方であった可能性が高いでしょう。
    もし、モジュールAの交換だけで終わりだとすれば、出張修理を依頼した方が安かったかもしれませんね。

  3. ごめんなさい、コメントだけ見て最近の記事だと勘違いしていましたが、2年以上前の記事でしたね。
    その頃はもしかして個人にも販売していたかもしれませんが、少なくとも今は販売していないはずです。

    1. コメントありがとうございます。
      私も個人への販売などは無理だろうと考えていましたが、普通に売ってくれたので驚いた記憶があります。
      業者ではない素人に販売する危険性は理解してますし、個人への販売が行われなくなるのも当然だと思います。

      素直に出張修理を依頼していた方が安上がりだった可能性はありますね、こうしてブログのネタになったのでまぁ良しとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください